• - VILING STORY -

    ヴィリングのことをもっと知っていただくため

     

    1.ヴィリングの理念

    2.ヴィリングのこだわり

    3.数字でみるヴィリング

    4.創業者について

    5.私達の課題

     

    についてご紹介いたします。

  • ヴィリングの理念

    Our Mission

  • 夢中があふれる社会をつくる

    私たちは時代にあった教育活動を通じて"夢中があふれる社会づくり"に貢献していく教育/保育カンパニーです

  • ヴィリングは

    どんな人を育みたいのか?

  • AI社会で活躍するための力” と “としての豊かさ”

    私たちは「自立し、自由に、イキイキと生きる人」を育みたいと考えています。

     

    そのためには、「人と違っていい」という干渉されない自由と、

    「つくりたいものをつくる」という選べる自由が大切です。

     

    この“2つの自由”を持ち合わせ、

    複雑なAI社会の海を

    愉快に乗りこなしてほしいのです。

     

    そのために私たちは、


    『AI時代に輝くための力』

    『人としての豊かさ』

    をバランス良く学ぶ場をつくっています。

     

    STEAM教育でテクノロジーを活用した問題解決力を育み、

    人や自然とのふれ合いで

    “ありがとう”を心にたくさん宿す。

     

    そんな学びを、子どもたちの

    一番近いところで伴走するのが

    私たちヴィリングです

     

  • ヴィリングの3つのこだわり

    日本の教育を次のステージにアップデートするための方針

  • 5〜12歳のゴールデンエイジ向け

    私たちは発達段階で重要な

    5歳から12歳を対象に教育・保育事業を行っていきます。

     

    この期間に「学ぶって楽しい!」という態度を育み、

    自ら学ぶ力をグングン伸ばす素地をつくります。

  • STEAM教育と探究学習に特化

    私たちは、テクノロジーを活用して学び方を変えるよりも、

    時代に合わせて学ぶべきことを変えることの方が重要だと考えています。

     

    基礎学力はしっかり学びつつ、

    "リベラルアーツ"の学びを大切にしています。

    そのために特に力を入れているのが、STEAM教育と探究学習です。

  • 新しい教育システムづくり

    学校は素晴らしい学びの場です。また受験・学歴をおろそかにすることもできないでしょう。

     

    根本から日本の教育を変えるのではなく、今ある素晴らしい教育インフラを活用して、

    新しい教育システムを再構築することをヴィリングは提案します。

     

    「学校」「放課後」「受験」の3つを組み合わせた新しい教育システムを構築し、世に広めていきます。

  • 数字でみるヴィリング

    ヴィリングのことをもっと知っていただくために、生徒数や社員数、平均年齢などをご紹介します。

  • ヴィリングが運営する直営校やフランチャイズ校に通う生徒数は、

    開校当初から340倍に増えています。

    STEM教育スクール「ステモン」が開発するSTEM教育教材の導入校数は、

    この5年で43倍に増えました!

    社員の6割は女性です。

    20〜30代が84%と、若い力が活躍している会社です。

    マネジャー6名のうち4名は女性で、1人は現在育休中です。

    女性が安心して長く活躍できる会社を目指しています。

    新卒も中途もわたしたちは仲間として歓迎しています。

    様々なバックグランドの人たちが集まっています。

  • 創業者について

    About our Leader

  • 創業者エピソード1/3

    埼玉のサッカー少年が目指した学校の先生

    代表の中村は埼玉県草加市出身の郊外育ち。

    5歳から大学卒業までサッカー中心の生活をしていました。高校時代は名門帝京高校サッカー部に所属 (レギュラーにはなれなかったそうです)

    サッカー選手の夢はあきらめ、教員を目指し、元は師範学校で地元の埼玉大学 教育学部に進学します。

    創業者エピソード2/3

    教員にはならず民間企業に就職。

    大学ではサッカー部と教員になるための勉学に励むも、教育実習として小学校で過ごした1ヶ月間に、「画一的・閉鎖的な教育機関」の印象を感じてしまうことに。

     

    中村は迷った末に民間への就職を決意します。

     

    1社目はリクルート出身の方が創業し、当時史上最短で東証一部に上場していた株式会社ゴールドクレストに入社。

    素晴らしい先輩・同僚に恵まれた環境で4年ほど営業職に就きます。

     

    次に転職したのは医療・介護業界のベンチャー、株式会社エス・エム・エス。

     

    創業期からマザーズ上場、東証一部へと成長する過程で新規事業や人事の責任者を歴任。ここでも優秀な上司や同僚、様々な挑戦の機会に恵まれました。

     

    徐々に次の挑戦=起業への思いが強まっていきます。

    一方、やりがいもあって居心地も良い会社で、子供も2人いる環境。

    独立はしないままエス・エム・エスには7年在籍していました。

     

    そこに大きな転機が訪れます。

     

  • 3.11 東日本大震災

    創業者エピソード3/3

    地震当時、中村は千代田区神田にあるエス・エム・エス本社にいました。直接被害はなかったものの、多くの方と同様に混乱の日々を送りました。

     

    また、同年の12月に被害の大きかった閖上地区を1人で訪問。

    あらためて震災の影響の大きさを痛感します。

     

    このときに、
    「一度しかない人生を悔いなくチャレンジしよう」
    「形あるものはいつか壊れる。できる限り普遍的なものをつくりたい」と考え、教育業界で起業することを決意し、株式会社ヴィリングを設立しました。

  • 代表中村が執筆した書籍とブログ

  • 私たちの課題

    わたしたちの最も大きな課題は、私たちがつくりたい「学び」・「居場所」をつくるためには、

    まだまだ仲間が不足しているということです。

     

    ヴィリングの社員として教育事業に取り組む仲間を募集しています。

     

    一緒に手を動かし、汗をかき、ときには悔しさに歯を食いしばりながらも、子どもたちが心から安心して過ごせる場、夢中になって活動できる場づくりをしませんか?

     

    ヴィリング採用ページこちら

    ヴィリング社員研修 2019年10月

  • 沿革

    2012年10月10日

    会社設立(株式会社ニコフカ)

    国内外の教育事業の研究活動(探究学習とSTEM教育を教育事業の軸に選択)

     

    2013年 3月

    企業理念「夢中があふれる社会をつくる」を策定

     

    2013年 7月

    探究学習スクールBOKEN サマーキャンプ開催(浦和・芝公園)

     

    2013年10月

    STEM教育イベント事業 開始

     

    2014年 4月

    民間学童保育スイッチスクール 開校(武蔵境校)

     

    2014年 6月

    社名を『株式会社ヴィリング』に変更

    (由来:イキイキと生き続ける(Keep on Living ViVidly)をベースに"VILING"とした造語)

     

    2015年 4月

    民間学童保育スイッチスクール荻窪校 開校

    民間学童保育スイッチスクール千歳烏山校 開校

    STEM教育スクールSTEMON 4校 開校(荻窪・千歳烏山・武蔵境・八王子)

     

    2015年10月

    STEM教育スクールSTEMON 教室提携事業開始(自由が丘、海老名など7校)

     

    2016年 4月

    STEM教育スクールSTEMON フランチャイズ事業開始(神戸岡本校)

     

    2017年 4月

    民間学童保育スイッチスクール西荻窪校 開校

     

    2019年 4月

    民間学童保育スイッチスクール阿佐ヶ谷校 開校

    放課後デイサービス向けSTEM教育事業 開始

     

    2019年11月

    読解力を鍛える文章題専門算数「よみとき算数」開始

     

    2020年 6月

    STEAM English Program 事業 開始

     

    すべての投稿
    ×